このページのリンク

<図書>
ホレーシオ エノ ベツジ
ホレーシオへの別辞 : 詩人教授安藤一郎記念論文集 / 安藤一郎教授退官記念論文集発刊実行委員会著

出版者 東京 : 文理
出版年 1971.11
巻冊次 PRICE:2500円 REFWLINK
本文言語 日本語
大きさ 347p 肖像 ; 22cm

書誌詳細を表示

一般注記 内容:安藤さん(小川芳男) 安藤さんの印象(梶木隆一) 痩身と薔薇の誇りを(大橋健三郎) ホレーシオへの別辞(安藤一郎) 夜啼きうぐいすに寄せるオード(ジョン・キーツ著 安藤一郎訳) ある心の遠景-文学的自伝の一部(安藤一郎) 安藤一郎年譜(高島誠) 安藤一郎書誌(高島誠) Poetry,Belief and Criticism(原孝一郎) 芸術体験に於ける快(鈴木紘治) ベン・ジョンソンの喜劇性について(入江和生) 放蕩者の変貌-Lovelessの場合(松本啓) ホーソーンと『天路歴程』-イーサン・ブランドを中心に(山本俊樹) 文学のなかの植物たち(志村正雄) 夢と現実とフィクションの世界-Poe,Melville,Hawthorneの場合(八木敏雄) ニューヨーク上流社会-イーデス・ホートンの『無垢の時代』の悲劇性(佐々木みよ子) Ezra Poundの“The Seafarer"-頭韻詩再生の実験(須藤壬章) 『荒地』には劇がなくて-エリオットの方法(高島誠)
J.ジョイスのDublinersにおける,いわゆるFragmentary Sentenceについて(言語学的考察)(宮井捷二) 神秘への憧れ-Aldous Huxleyの精神遍歴とその社会的反響(中村恭子) エンプソンのパストラル観について-マーヴェルの「庭」と漱石の『草枕』(塩田真紀子) “La Santa Roja"とは誰か-スタインベック的想像力の限界(杉山隆彦) 1936年のアメリカ反戦劇(鈴木周二) Dylan Thomasの初期作品について(中村功) Herculi Poirotのことば(小川繁司) 渾沌の中の静謐-ソール・ベローの『サムラー氏の惑星』(小山田義文)
著者標目  安藤一郎教授退官記念論文集発刊実行委員会 <アンドウ イチロウ キョウジュ タイカン キネン ロンブンシュウ ハッカン ジッコウ イインカイ>
 安藤, 一郎(1907-1972) <アンドウ, イチロウ>
分 類 NDC6:930.4
NDLC:KS73
件 名 NDLSH:安藤, 一郎(1907〜 )
NDLSH:イギリス文学
NDLSH:アメリカ文学
書誌ID 1010096106
NCID BN06747092

所蔵情報を非表示

市:B3F書庫
F4c/697 10202010806447
 

 類似資料