このページのリンク

<図書>
ケイザイ リロン ト ケイザイ ブンセキ
経済理論と経済分析 / 大阪市立大学経済研究所編
(所報 ; 第19集)

出版者 大阪 : 大阪市立大学経済研究所
出版年 1969.5
巻冊次 PRICE:1800円 REFWLINK
本文言語 日本語
大きさ 354p ; 22cm

書誌詳細を表示

一般注記 創立40周年記念
発売:日本評論社
内容:帝国主義論の方法(林直道) 技術進歩・市場構造・競争(酒井安隆) 株式会社と信用制度(浜田博男) 企業合併と株式会社(伊牟田敏充) 寡占的参入阻止行動についての考察(西田稔) 「労働価値」と「商品価値」(山田寿太郎) 現代ナショナリズムの展望(尾崎彦朔) 現代資本主義の成長政策とその限界(奥村茂次) ヨーロッパの経済統合とイギリス(内田勝敏) 西ドイツの中小企業・手工業(巽信晴) 国連貿易開発会議の意義について(本多健吉) 中国における資本主義経済の消滅(杉野明夫) 構造改善と中小紡績業(狭間源三) 巨大企業の成長と変容(木村敏男) 第一次世界大戦と財政(吉岡健次) 定年制と退職金制度(山本正治郎) 都市化と農地価格(崎山耕作) 市街地内工業地域の性格について(田口芳明) 明治維新論の変遷(山崎春成) 年譜
著者標目  大阪市立大学経済研究所 <オオサカ シリツ ダイガク ケイザイ ケンキュウジョ>
分 類 NDC6:330.4
NDLC:DA1
件 名 NDLSH:経済学
書誌ID 1110182388
NCID BN02065002 WCLINK

所蔵情報を非表示

多:B2F旧分類和書
P1/640/19 10202510276560
 

 類似資料