webcat_plusで詳細を確認

このページのリンク

<図書>
シュッショウゼン シンダン ウケル ウケナイ ダレ ガ キメルノ : イデン ソウダン ノ レキシ ニ マナブ
出生前診断受ける受けない誰が決めるの? : 遺伝相談の歴史に学ぶ / 山中美智子, 玉井真理子, 坂井律子編著

出版者 東京 : 生活書院
出版年 2017.11
巻冊次 ISBN:9784865000740 ; PRICE:2200円+税 REFWLINK
ISBN 9784865000740
本文言語 日本語
大きさ 242p ; 21cm
目次/あらすじ

書誌詳細を表示

一般注記 企画編集協力: 聖路加国際病院遺伝診療部
内容: はじめに(山中美智子), 第1部: 出生前診断 -- いま考えなくてはいけないこと(第1章「日本の遺伝カウンセリングの歴史と出生前検査」-第3章「パトリック・ルブラン医師講演「フランスの出生前診断──現状・展望・争点」について」, コラム(1「「子どもの健康を願うこと」と「出生前診断を受けること」の間」, 2「ペリュシュ判決とその影響」), 第2部: 遺伝相談の歴史に学ぶ(第4章「自分たち自身で決めるのに必要なことは?」-第6章「親になること」, コラム(3「出生前診断はなぜ始まったのか」-6「「よく考えてください」と伝えられない」), 鼎談「出生前診断 受ける受けない誰が決めるの?」, おわりに(玉井真理子), 編著者略歴, 執筆者略歴
内容注記 日本の遺伝カウンセリングの歴史と出生前検査 / 山中美智子 [執筆]
出生前診断について考えたいこと / 玉井真理子 [執筆]
「子どもの健康を願うこと」と「出生前診断を受けること」の間 / 坂井律子 [執筆]
パトリック・ルブラン医師講演「フランスの出生前診断 -- 現状・展望・争点」について / [パトリック・ルブラン講演] ; 玉井真理子 [解説]
ペリュシュ判決とその影響 / 本田まり [執筆]
自分たち自身で決めるのに必要なことは? : 「自己決定」の落とし穴 / 佐藤孝道 [執筆]
出生前診断はなぜ始まったのか / 吉岡章 [執筆]
重症心身障害児者施設から : デジタルのかなたに思いを馳せて / 月野隆一 [執筆]
まず私が"感じるもの" / 藤田潤 [執筆]
親になること / 富和清隆 [執筆]
ダウン症候群の赤ちゃんが生まれたときに小児科医が話すこと / 小野正恵 [執筆]
「よく考えてください」と伝えられない : NIPTをきっかけとした気持ちの変化 / 青木美紀子 [執筆]
出生前診断 : 受ける受けない誰が決めるの? : 鼎談 / 山中美智子, 玉井真理子, 坂井律子 [述]
著者標目  山中, 美智子(医師) 編著 <ヤマナカ, ミチコ>
 玉井, 真理子 編著 <タマイ, マリコ>
 坂井, 律子(1960-) 編著 <サカイ, リツコ>
Leblanc, Patrick
 本田, まり <ホンダ, マリ>
 佐藤, 孝道(1945-) <サトウ, コウドウ>
 吉岡, 章(1944-) <ヨシオカ, アキラ>
 月野, 隆一 <ツキノ, リュウイチ>
 藤田, 潤(1950-) <フジタ, ジュン>
 富和, 清隆 <トミワ, キヨタカ>
 小野, 正恵(小児科医) <オノ, マサエ>
 青木, 美紀子 <アオキ, ミキコ>
分 類 NDC8:495.6
NDC9:495.6
件 名 BSH:出生前診断
NDLSH:遺伝カウンセリング
書誌ID 1400431157
NCID BB25055411 WCLINK

所蔵情報を非表示

市:1F
495/YA 21032000383273
 

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています