このページのリンク

<図書>
コクサイ ホウガク ノ ショソウ : トウタツテン ト テンボウ : ムラセ シンヤ センセイ コキ キネン
国際法学の諸相 : 到達点と展望 : 村瀬信也先生古稀記念 / 江藤淳一編

出版者 東京 : 信山社
出版年 2015.1
巻冊次 ISBN:9784797280715 ; PRICE:24800円 (税別) REFWLINK
ISBN 9784797280715
本文言語 日本語
別書名 標題紙タイトル:Aspects of international law studies : achievements and prospects
大きさ xxix, 946p ; 22cm
目次/あらすじ

書誌詳細を表示

一般注記 村瀬信也先生の肖像あり
村瀬信也先生略歴: p937-938
主要な著書及び論文: p939-946
内容注記 協力義務の遵守について : 「協力の国際法」の新たな展開 / 奥脇直也著
日本における近代ヨーロッパ国際法の受容 : ボアソナードの果たした役割 / 柳原正治著
国際社会のグローバル化と国際法形成の現代的展開 : 「参照条項」を中心として / 山本良著
サイバースペース時代の国際法実務の変容 / 岡野正敬著
「調整理論」再考 : 認識論的及び過程論的把握 / 寺谷広司著
国際司法裁判と国内法制度 / 河野真理子著
西サハラにおける鉱物・漁業資源と国際法 / 中谷和弘著
国連国際法委員会における海賊行為概念 : 私的目的・私船要件の意義 / 森田章夫著
米国の外国人不法行為法の領域外適用について : キオベル事件連邦最高裁判決を素材として / 水島朋則著
国際関心事項及び国内管轄事項としての検疫の位置 : 国際機関と国家の権限の整序 / 大河内美香著
条約の留保 : 国際法委員会と自由権規約委員会の協働 / 岩沢雄司著
欧州人権条約における域外適用 / 立松美也子著
国際投資法と国際人権法における外国人投資家の人権保護 / 土屋志穂著
災害に関する国際法規範の形成と発展 : 国連国際法委員会による「災害時の人の保護」に関する条文草案をめぐって / 植木俊哉著
移行期正義と国際人権関連規範 / 朴基甲著
テロ容疑者に関する管轄権の展開 : 軍事審問委員会の意義と限界 / 洪恵子著
国際刑事裁判所ローマ規程検討会議と侵略犯罪 / 小松一郎著
非締約国の事態に対する国際刑事裁判所 (ICC) の管轄権の法的根拠 / 村井伸行著
WTO補助金規律における国家資本主義の位置 : エアバス事件の示唆 / 川瀬剛志著
国際投資法における責任の性格 / 伊藤一頼著
投資協定仲裁における非金銭的救済 / 小寺彰, 西村弓著
国際投資保護協定における投資家とその本国との法的関係 : 保護対象としての本国に対する従属性と紛争当事者としての主体性に関する一考察 / 岩月直樹著
二国間投資協定における最恵国待遇条項 : その他の経済協定との比較を中心に / 福永有夏著
国家債務再編と国際法の役割 / 森下哲朗著
南極環境責任附属書の国内実施 : 日本の課題と展望 / 柴田明穂著
国際裁判機関による予防概念の発展 : 国際海洋法裁判所・海底裁判部の保証国の義務・責任に関する勧告的意見の検討 / 堀口健夫著
国際環境条約の解釈と時間的経過 / 鈴木詩衣菜著
国際法における環境影響評価の位置づけ / 岡松暁子著
国際裁判における原則の意義 / 江藤淳一著
国際司法裁判所による慣習法規則適用の今日的傾向 / 李禎之著
国際司法裁判所における適用法規の範囲 : 裁判管轄権設定上の制約との関係から / 岩石順子著
国際司法裁判所の事実認定と司法機能 : 鑑定意見制度の意義と展望 / 深坂まり子著
サイバー攻撃に対する自衛権の発動 / 河野桂子著
国連憲章第51条における自衛権と安保理による「必要な措置」との関係 / 掛江朋子著
対イラク武力行使に関する安全保障理事会決議の法構造 : 国連憲章第7章下の安保理決議の受諾合意に関する一考察 / 根本和幸著
国連集団安全保障に関する国際組織法の規範形成 : 国連憲章第7章の下における軍事的措置の容認を中心に / 広見正行著
著者標目  江藤, 淳一 <エトウ, ジュンイチ>
分 類 NDC8:329.04
NDC9:329.04
件 名 BSH:村瀬, 信也
BSH:国際法
書誌ID 1400286179
NCID BB17789817

所蔵情報を非表示

市:B2F書庫
329/208 21011000127772
 
法科:B1F図書室
329/MU 13401000106800
予約・取寄不可

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています