このページのリンク

<図書>
ヤマジ アイザン シュウ
山路愛山集 / 大久保利謙編
(明治文学全集 ; 35)

出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 1965.10
巻冊次 ISBN:9784480103352 REFWLINK
ISBN 9784480103352
本文言語 日本語
大きさ 458p, 図版2p ; 23cm
目次/あらすじ

書誌詳細を表示

一般注記 年譜: p445-454
参考文献: p455-458
内容注記 現代金権史
社会主義管見
為朝論
明治文学史
支那思想史
英雄論
信仰個条なかるべからず
今猶古の如し、彼猶此の如し
凡神的唯心的傾向に就て
唯心的、凡神的傾向に就て
詩人論
経験
歴史の話
戦国武士を論ず
近世物質的の進歩
徳川時代の民政
平民的短歌の発達
頼襄を論ず
論史漫筆
日本の歴史に於ける人権発達の痕跡
読史論集序
史学論
北村透谷君
透谷全集を読む
夷隈河畔より(抄)
山荘の元日
記者の懴悔
誰か大学と戦ふ者ぞ
進め光明にまで
日本人史の第一頁
発刊の趣意
余は何故に帝国主義の信者たる乎
余が所謂帝国主義
海老名弾正氏の耶蘇基督伝を読む
七博士に与ふる書
逆旅日記
平民新聞を読む
唯物的歴史観
現時の社会問題及び社会主義者
江戸時代
木内惣五郎の伝
日本現代の史学及び史家
懐旧録
愛山生が身を終るまで研究すべき事項
我が一生の計
陳言一則
余に感化を与えたる書物
愛山山路弥吉君 / 徳富蘇峰著
山路愛山君 / 竹越与三郎著
山路愛山君 / 内田魯庵著
山路愛山君 / 木下尚江著
山路君 / 斯波貞吉著
山路愛山論 / 田川大吉郎著
史家としての愛山 / 服部之總著
父・山路愛山のこと / 山路平四郎著
著者標目  山路, 愛山(1864-1917) <ヤマジ, アイザン>
 大久保, 利謙(1900-1995) <オオクボ, トシアキ>
分 類 NDC8:918.6
書誌ID 1110169140
NCID BN01019393

所蔵情報を非表示

市:B3F書庫
F2b/359/35 10202010060836
 
多:2F
918.6/ME/35 10101500212330
 
多:B2F旧分類和書
F2b/139/35 10202510230650
 
資:文日文研
J-V5/1/35 92202110365137
禁帯出

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています