このページのリンク

<図書>
ニイジマ ジョウ ・ ウエムラ マサヒサ ・ キヨザワ マンシ ・ ツナシマ リョウセン シュウ
新島襄・植村正久・清沢満之・綱島梁川集 / 武田清子, 吉田久一編
(明治文学全集 ; 46)

出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 1977.10
巻冊次 ISBN:4480103465 ; PRICE:3500円 REFWLINK
ISBN 4480103465
本文言語 日本語
別書名 異なりアクセスタイトル:新島襄・植村正久・清澤満之・綱島梁川集
大きさ 470p, 図版2p : 肖像 ; 23cm
目次/あらすじ

書誌詳細を表示

一般注記 年譜: p433-447
参考文献: p448-470
内容注記 新島襄集
同志社設立の始末
同志社大学設立の旨意
基督教皇張論
書簡
私の若き日々
植村正久集
福音道志流部
真理一斑
今日の宗教論及び徳育論
[キリスト論論争]
[人物論]
清沢満之集
宗教哲学骸骨
[精神主義]
[講話]
[心霊の諸徳]
臘扇記 : 第2号
綱島梁川集
宗教の根本的問題
基督の詩
宗教的真理の性質
悲哀の高調
一家言
苦痛と解脱
禅思録(抄)
心のたどり
病間録(知己・価値・理性・愛)
煩悶の人に答ふる書
病間録(宗教上の光耀)
随感録
人に与へて煩悶の意義を説く
心の一ふし
病間録(驚異と宗教)
予が見神の実験
予は見神の実験によりて何を学びたる乎
一夜の瞑想
神子の自覚を宣す
如是我証
自覚小記
枕頭の記
聞光録
霊的見神の意義及方法
病窓雑筆 : 3(抄)
福沢諭吉君と新島襄君 / 徳富蘇峰著
志の宗教 / 石原謙著
清沢満之師の生涯及び地位 / 多田鼎著
綱島梁川の念仏 / 陶山務著
解題 / 武田清子, 吉田久一, 杉崎俊夫著
著者標目  武田, 清子(1917-) <タケダ, キヨコ>
 吉田, 久一(1915-2005) <ヨシダ, キュウイチ>
 新島, 襄(1843-1890) <ニイジマ, ジョウ>
 植村, 正久(1858-1925) <ウエムラ, マサヒサ>
 清沢, 満之(1863-1903) <キヨサワ, マンシ>
 綱島, 梁川(1873-1907) <ツナシマ, リョウセン>
分 類 NDC6:918.6
NDC8:918.6
NDLC:KH6
書誌ID 1100275776
NCID BN00235892

所蔵情報を非表示

市:1F
918.6/ME/46 10101200486605
 
市:B3F書庫
F2b/359/46 10202010060941
 
多:2F
918.6/ME/46 10101500212446
 
多:B2F旧分類和書
F2b/139/46 10202510230765
 
資:文日文研
J-V5/1/46 92202110365242
禁帯出

 類似資料