このページのリンク

<図書>
カイソウ ヒョウデン ショウロン
回想・評伝・小論 / 石原謙著
(石原謙著作集 ; 第11巻)

出版者 東京 : 岩波書店
出版年 1979.9
巻冊次 PRICE:4500円 REFWLINK
本文言語 日本語
別書名 異なりアクセスタイトル:回想評伝小論
大きさ 10, 652p ; 22cm

書誌詳細を表示

一般注記 解説・石原謙年譜: 小嶋潤
石原謙著作目録: 戒能信生
内容注記 回想. 学究生活五十年
回想
評伝 A. ダンテと現代
ヘーゲル百年記念に際して
カール・ヒルティーに就て
神学者ヘルマンの訃
エルンスト・トレルチ追憶
オイケン教授訪問記
アドルフ・フォン・ハルナック
教会史家としてのハンス・フォン・シューベルト : その生涯と学業
ディベリウス教授の遺著
人類への奉仕者シュワイツァー
ブルンナー博士の追憶 : 二十年前の日記から
評伝 B. ケーベル先生 : 調和ある教養を、新しい卒業生への餞けの言葉にかえて
斎藤信策君 : 野の人と希臘語研究
植村先生の想ひ出 : 滞欧日記の中から
渡辺荘追想
波多野精一先生 : その生涯と学業
新渡戸稲造先生追想
三谷隆正君の追憶
岩波茂雄君の想ひ出
安井てつ女史のこと
阿部次郎君追想 : 若き日の私たち二人
故和辻哲郎会員追悼の辞
矢内原忠雄君をしのぶ
高橋里美君を偲びて
高橋穣君をめぐる古き日の思い出
小論. ナザレの聖者を論ず
如何にして基督教は世界的宗教となりしか
理想詩人としてのシルラー
基督教人間観
基督教倫理学
人格的宗教と汎神論 : 昭和二十一年九月二十二日、日曜日放送
愛において生きる自由
死よ、なんじの刺は何処にありや : 中世カトリシズムにおける罪の意識
著者標目  石原, 謙(1882-1976) <イシハラ, ケン>
分 類 NDC6:190.8
NDLC:HP11
件 名 NDLSH:石原, 謙(1882〜1976)
NDLSH:キリスト教
書誌ID 1110198059
NCID BN01644831 WCLINK

所蔵情報を非表示

多:B2F旧分類和書
C4/484/11 10202510329761
 

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています