このページのリンク

<図書>
シャカイ テツガク ロンシュウ
社会・哲学論集 / エンゲルス[著] ; 岡崎次郎訳者代表
(世界の大思想 / 務台理作[ほか]責任編集 ; 26)

出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 1972.4
本文言語 日本語
大きさ 448p : 図版 ; 20cm

書誌詳細を表示

一般注記 エンゲルス年表:p437-448
エンゲルスの肖像あり
内容注記 共産主義の諸原則 / 岡崎次郎訳
住宅問題 / 岡崎次郎訳
空想より科学への社会主義の発展 / 川口武彦訳
家族・私有財産および国家の起原 / 佐藤進訳
フォイエルバッハ論 / 長坂聰訳
自然弁証法(抄) / 渡辺寛訳
猿から人間への移行における労働の役割 / 岡崎次郎訳
唯物史観にかんする手紙 / 岡崎次郎訳
著者標目  Engels, Friedrich, 1820-1895
 岡崎, 次郎(1904-) <オカザキ, ジロウ>
分 類 NDC8:309.3
書誌ID 1110064739
NCID BN04837376 WCLINK

所蔵情報を非表示

多:B2F小図移管
080/Se22/26 10502020517747
 

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています