webcat_plusで詳細を確認

このページのリンク

<図書>
「シュカンセイ オ カガクカ スル」 シツテキ ケンキュウホウ ニュウモン : TAE オ チュウシン ニ
「主観性を科学化する」質的研究法入門 : TAEを中心に / 末武康弘 [ほか] 編著

出版者 東京 : 金子書房
出版年 2016.6
巻冊次 ISBN:9784760826582 ; PRICE:3800円+税 REFWLINK
ISBN 9784760826582
本文言語 日本語
別書名 標題紙タイトル:Thinking at the edge
異なりアクセスタイトル:主観性を科学化する質的研究法入門 : TAEを中心に
大きさ x, 335p : 挿図 ; 21cm
目次/あらすじ

書誌詳細を表示

一般注記 その他の編著者: 諸富祥彦, 得丸智子, 村里忠之
文献あり
内容注記 「主観性を科学化する」とは / 末武康弘執筆
質的研究の哲学的基礎について : こころの哲学と現象学は質的研究をどのように基礎づけることができるだろうか / 村里忠之執筆
主観性と一人称の科学 : 生きる身体とプロセスとしての知 / 村川治彦執筆
GTAの理論と実際 / 小林孝雄執筆
M-GTAの考え方と実際 / 山崎浩司執筆
ナラティヴの理論と実際 / 東海林麗香執筆
複数経路等至性アプローチ(Trajectory and Equifinality Approach : TEA) / サトウタツヤ執筆
IPAの理論と実際 / 伊賀光屋執筆
IPAの研究事例 : 死別にともなう僧侶の悲嘆と成長に関する質的研究 / 松下弓月執筆
TAEの理論と実際 / 得丸智子(さと子)執筆
TAEの研究事例 : TAEステップによる内省プロセスの可視化の試み / 得丸智子(さと子)執筆
質的研究の諸方法の特徴 : 各方法論におけるアプローチの検討 / 三好真人執筆
心理臨床の「実践知」から言語化へのプロセス / 高橋寛子執筆
試行カウンセリングのTAE分析 / 田中睦美執筆
集中内観とフォーカシング : フェルトセンスの観点からの分析 / 木村喜美代執筆
セラピープロセスの分析 / 末武康弘執筆
対人援助職としての「保健師という仕事」の本質 : TAE分析の手順に焦点を当てて / 青木桂子執筆
日本語教師のキャリア分析 / 小林浩明執筆
国語科研究授業体験のTAE分析 / 坂本喜代子執筆
興味で始まった日本語学習者の動機の変化 / 近藤朋子執筆
第二外国語としての日本語を履修する学習者の日本語競技イベントの参加動機と継続要因 / 上條純恵執筆
TAEを用いた患者インタビューの分析 / 田村眞由美, 末次典恵執筆
一人称科学の提唱 / E.ジェンドリン, ドン ジョンソン著 ; 村里忠之翻訳
著者標目  末武 康弘(1959-) <スエタケ, ヤスヒロ>
 諸富, 祥彦(1963-) <モロトミ, ヨシヒコ>
 得丸, さと子 <トクマル, サトコ>
 村里, 忠之(1945-) <ムラサト, タダユキ>
分 類 NDC8:002.7
NDC9:002.7
件 名 BSH:質的研究
書誌ID 1400347247
NCID BB21413553 WCLINK

所蔵情報を非表示

市:1F
002/SU 21032000286863
 
多:2F
002/SU 22032000225889
 
小:2閲1F学習
002.7/Su19 23032000090655
 
資:国際文化資料室
002/12 80000000780470
禁帯出

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています