ウエムラ, クニヒコ
植村, 邦彦(1952-)

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 愛知県
一般注記 関西大学経済学部教授(2017年11月現在)
社会学博士
専門: 社会思想史
「シュルツとマルクス」 (新評論, 1990) の奧付による
EDSRC:アジアは「アジア的」か / 植村邦彦著 (ナカニシヤ出版, 2006.3) の標題紙と著者略歴によってPLACE, SF (Uemura, Kunihiko) フィールドを追加
EDSRC:壊れゆく資本主義をどう生きるか : 人種・国民・階級2.0 / 若森章孝, 植村邦彦著(唯学書房)より現職, 学位, 専門を追加
生没年等 1952
から見よ参照 Uemura, Kunihiko
コード類 典拠ID=5003082870  NCID=DA04787625
1 隠された奴隷制 / 植村邦彦著 東京 : 集英社 , 2019.7
2 壊れゆく資本主義をどう生きるか : 人種・国民・階級2.0 / 若森章孝, 植村邦彦著 [東京] : 唯学書房. - 東京 : アジール・プロダクション (発売) , 2017.11
3 歴史としての社会主義 : 東ドイツの経験 / 川越修, 河合信晴編 京都 : ナカニシヤ出版 , 2016.8
4 ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性 : 世界システムの思想史 / 植村邦彦著 東京 : 平凡社 , 2016.6
5 市場社会と人間の自由 : 社会哲学論選 / カール・ポランニー著 ; 若森みどり, 植村邦彦, 若森章孝編訳 東京 : 大月書店 , 2012.5
6 市民社会とは何か : 基本概念の系譜 / 植村邦彦著 東京 : 平凡社 , 2010.12
7 ルイ・ボナパルトのブリュメール18日 : 初版 / カール・マルクス著 ; 植村邦彦訳 東京 : 平凡社 , 2008.9
8 思想史と社会史の弁証法 : 良知力追悼論集 / 川越修, 植村邦彦, 野村真理編 東京 : 御茶の水書房 , 2007.10
9 マルクスのアクチュアリティ : マルクスを再読する意味 / 植村邦彦著 東京 : 新泉社 , 2006.10
10 アジアは「アジア的」か / 植村邦彦著 京都 : ナカニシヤ出版 , 2006.3
11 「近代」を支える思想 : 市民社会・世界史・ナショナリズム / 植村邦彦著 京都 : ナカニシヤ出版 , 2001.3
12 マルクスを読む / 植村邦彦著 東京 : 青土社 , 2001.2
13 ルイ・ボナパルトのブリュメール一八日 / カール・マルクス著 ; 植村邦彦訳 東京 : 太田出版 , 1996.4
14 同化と解放 : 19世紀「ユダヤ人問題」論争 / 植村邦彦著 東京 : 平凡社 , 1993.5
15 シュルツとマルクス : 「近代」の自己認識 / 植村邦彦著 東京 : 新評論 , 1990.10